インサイド・トイガン紀行" border="0" />

インサイド・トイガン紀行では、弊社の新製品や魅力をご紹介すると共に、これまで語られることの少なかったトイガン製造の現場にご案内する事で、よりこの趣味を理解し楽しめるよう企画いたしました。多種多様な情報が飛び交い、時として上質な情報が埋もれてしまうネット社会において、少しでも一般ユーザーの方々が安心して情報を入手出来る場としてご活用いただければ幸いです。

ONLINE SHOP ご購入はコチラから

CATEGORIES

米国COLT社 世紀指定模型

発射機能を排除されたトイガンに関して、米国COLT社の商標権を日本国内ではRampant Classicが独占的に保有しています。ロゴは米国COLT社の所有であり、Rampant Classicはライセンスに基づきこの商標を使用しています。

MADA IN JAPAN = 純国内生産

ランパントクラシックでは、製品本体や各パーツに使用される原材料はもとより、鋳造工程や加工及び組立の全生産過程を日本国内にて行っております。パッケージ、同封されるデータブック、説明書に至るまで全てMADE IN JAPANにこだわり製作されます。日本製品が有する安心と高品質をお届けすることをお約束いたします。

梅雨に入り、花のように色とりどりの傘が街に開いておりますが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

以前、雑誌等でお知らせいたしましたので、ご記憶の方もいらっしゃる事と思いますが、
この度、水面下で企画、製造しておりましたHammer Locklite”R”を緊急発売と共に日頃から当ブログをご愛顧いただいています皆様に先行してご案内致します。

今回の製品は正式なカタログモデルとは異なりショップ限定モデルとなりますが、それでも弊社にストックがあったメインパーツと新規製作部品を合わせて総生産数100挺ご用意いたしました。
内訳は、
・4 3/4 ERROR MODEL   限定26挺
・5 1/2 LONDON MODEL  限定26挺
・7 1/2 EARLY MODEL   限定48挺
どのモデルもHammer Locklit”R”では初のモデル化であり、歴史考証に裏付けされた圧倒的な存在感、貴重なスペックを取りそろえての自信作です。
是非このチャンスをお見逃しなく、皆様のコレクションにお加え下さい。


◆COLT S.A.A. 1st. ERROR MODEL 4 3/4  ¥63,000(税抜) 限定26挺
・SPECIAL EDITION
・リアルポリッシュフレーム+ケミカルブルーイング
・ウォールナット1Pグリップ


通常の2lineアドレスが、シングルライン(スタイルⅣ)で逆さに打たれたERROR BARREL ADDRESS。


現存が確認されている1883年製造、シリアルナンバー94438、このモデルは資料的にもユニークです。


94438モデルのSPECIAL EDITION No.はトリガーガード左側面に打刻されます。


◆COLT S.A.A. 1st. LONDON MODEL 5 1/2  ¥68,000(税抜) 限定26挺
・SPECIAL EDITION
・リアルポリッシュフレーム+ケミカルブルーイング
・ウォールナット1Pグリップ
・.450ELEYリアルダミーカートリッジ(6発セット)


1891年モデル S.A.A. 1st.ジェネレーションにおける1874年から1900年初頭にかけて
米・コルト社工場で製作され、イギリス市場へ出荷されたモデルである。
圧倒的に優雅で正確な造型世界を高品質のまま実現。


純鉛弾頭搭載のリアルな.450ELEYカートリッジが標準で付属します。


◆COLT S.A.A. 1st. EARLY MODEL 7 1/2  ¥66,000(税抜) 限定48挺
・SPECIAL EDITION
・リアルポリッシュフレーム+ケミカルブルーイング
・ウォールナット1Pグリップ


1873年~1875年までのごく初期に採用されたEarly “Script” styleのイタリックバレルアドレス。
数あるバレルアドレスの中でも憂愁さを感じます。


1873年~1877年まで採用された2line2dateのタイプ1後期のパテントデイト。
イタリックバレルアドレスと共にHammer Locklite”R”でのモデル化は初めて。

2009年に次世代の新素材として弊社が開発したHammer Locklite”R、その高価さ故に僅か数百挺のみの生産で終わった不世出の最高峰樹脂。
現市場評価ではHammer Locklite”S”に軍配が上がりますが、弊社開発樹脂Hammer Locklite”R”こそがランパントの真骨頂。
今後時代の経過と共にこの奇跡の樹脂が今以上の評価を受けるであろう事を願っております。

2013/02/20

満開です

皆様こんにちは
この記事を書いてる今、窓の外は今年5度目の雪です
春はまだ先ですがランパントの作業場ではあるものが満開です
それは……

弾です。只今絶賛売出し中『.45ELEY』弾
全長28.15ミリ、純鉛弾頭の精巧なギミックのCOOLな奴
けっしてエイリアンの卵ではありませんよ

こうして並んでいると本当に畑のよう
出荷を楽しみに待っている感じがナイスです

そして、弾丸畑の横では作業員がなにやらゴシゴシと
真剣な面持ちで作業しています

これはランパントクラシックの”エクスペリア・エディション”
で行なわれる「面だし」作業の一コマ

それは、フレームとパーツの究極の一体感
手にしたお客様の感性を刺激する驚異のクオリティ
一挺一挺がパーツの接合部を高精度に組み合わせるためだけに
金メッキ作業前に一度組み上げ、接合部連続面に磨きを入れます

大変手間のかかる作業なのですが
”エクスペリア・エディション”だからこその作業です
ご覧ください、このソリッド感
まるで一体で削り出されたかのようです

皆様のお手元に正確な造形美を届けられるよう
従業員一同、日夜奮闘中であります

ランパントクラシック自慢の真鍮削り出しパーツ達も
日々、出荷の連絡を首を長くして心待ちにしております

皆様こんにちは。
本年度、初ブログになります。
今回は、ようやく完成したエクスペリアエディション用の真鍮外装パーツをご紹介します。


こちらをご覧下さい。
この存在感、鋭敏な佇まいの違いがお分かりになりますでしょうか?
手が切れると思えるほどの細やかなエッジ、この究極のソリッド感は鋳造品では
決して得る事ができません。
インゴットからの削り出しによってのみでしか可能にならない見事な造形美です。


NCマシニング加工によって生み出されるパーツの数々は究極の存在感を放ちます。
100年以上前の設計部品を現代の最先端技術によって加工する事により、高次元の
寸法精度を確保しつつ、同時に複雑な意匠面を再現!
これはもはやハイテクアートと言っても過言ではありません。


削り出しの証、ツールマークが画像からもご覧いただけると思います。
これがたまらなく美しいと感じてしまうと、この趣味ももう後戻りができないですよね。

今回は、メタルロックライト製品をエクスペリアエディションへアップグレードされる方々を
対象に、

トリガーガード&バックストラップ30SET 単価¥65,000円(税込)

エジェクターチューブ10SET 単価¥25,000円(税込)

での販売を決定いたしました。
お客様の所有されているモデルのシリアルナンバーをお入れしてお届けいたします。
(各種メッキ対応なども承ります。詳しくは、オンラインショップをご参照下さい。)

是非この機会にエクスペリアスペックへのアップグレードを手に取って体感してください。


皆様こんにちは。今回はランパントクラシック製品のメッキ仕様について少しお話ししたいと思います。

好評販売中の“Metal Locklite”シリーズ(金属モデル)各モデルにおいては、製品の表面仕上げとして「メッキ仕上げ」を施しております。この「メッキ仕上げ」を採用するにあたり、最も重視したのが 「薄く、かつクリーンに」 という相反する目標です。つまり、メッキを薄くすれば製品本来のライン・エッジが生き、デザイン設計において意図した造型そのものをダイナミックに表現できます。ただし、メッキを薄くすればするほど、「クリーン」な(綺麗な)表面を確保することが難しくなってきます。というのも薄いメッキは、デザインをダイレクトに表現してくれると同時に、素材表面の微小な荒れやキズまでそのまま見せてしまうからです。例えばメッキを厚くかけるとすれば、このような細かい荒れは仕上げに影響を及ぼさず、表面はクリーンに仕上がります。

が、ランパントクラシックでは、あくまでデザインをシャープに生かす「薄さ」を保ちながら、なおかつ表面もスムースでクリーンなメッキという、非常に困難なこの二つの条件の両立を目標としました。
画像のシリンダーをご覧頂きますと、シリンダー端面のマシンカット加工跡が確認できると思います。下手をすれば手を切りそうなほど「立った」エッジ部分により、メッキがいかに薄くシャープにかけられているかがおわかり頂けるでしょう。


画像は Metal Locklite S.A.A. 4 3/4in. モデルです。 どうすればこのフレームのソリッド感、鋭く立ったエッジが最高の状態で表現できるか、最適なメッキ厚を求めて数え切れないほどのテスト・試行錯誤が繰り返されました。
 例えば40μ程度の「厚め」のメッキをかけた場合、表面の「クリーン」さは簡単に出ますが、画像の製品のようなシャープな「エッジ」や「ソリッド感」を表現することはできません。メッキ厚を上げれば上げるほどエッジは丸く「ダレ」てしまいます。また、メッキ厚を上げれば、例えばその「厚み」を見込んでスクリュー等が入る加工穴も「オーバーサイズ」加工としなければなりません。しかし、この「オーバーサイズ」加工は始めから厚いメッキにより「ダレ」が生じるということを前提とした加工でもあります。これではシャープな仕上がりは望めません。従ってランパントでは「オーバーサイズ」加工をしなくても組立てができる薄いメッキ厚を確保しているのです。


さらにこの「薄いメッキ」の実現において最も重要なのが、素材の下地仕上げです。 メッキの素材としては「鋳造品」はやや不利な素材であり、それは例えば鋳造品特有の目に見えない“巣”などが色々な場所に不規則に発生する可能性があるという1点だけをとってもおわかり頂けると思います。通常このような鋳造品にメッキをかける場合、安全を見込んで「厚め」にかけるか、もしくは薄くかけるにしても「ヘアーライン仕上げ」や「ブラスト仕上げ」により鋳造品の短所をカバーする方法がとられるようです。
 しかしランパントではあえて「鏡面仕上げ」でなおかつ「薄いメッキ」という、いわば 『茨の道』 を選択したわけで、最初はどこのメッキ業者さんへ話を持って行っても、「難しい」と断られてしまうことばかりでした。それはおそらく鋳造品の下地処理として、弊社がここまで手間をかけて綺麗に仕上げてくるということを予期していなかったからでしょう。
 がしかし、不可能を可能にするにはどこかで「普通ではない」ことをやらなければならないわけで、この 「Metal Locklite S.A.A. 4 3/4in. モデル」 についていえばランパント社内での無数の工程、途方もない時間をかけた「下地処理」がまさにそれにあたるのです。
(「フレーム」単体のみ1個だけでもその下処理は約30工程、その所要時間は約2時間にのぼります※磨きのみ)

 また、メッキ工程を担当して頂いているメッキ業者さまの非常に高い技術・真摯な熱意もこの製品を可能とした大きな要素の一つであることは付言しておきたいと思います。


極限まで薄いメッキ(約20μ)を施すことにより、にシリアルナンバーやフレームサイドのパテントデート刻印も、「刻った状態」そのままを表現できます。シリアルナンバーなどは実物同様“手打ち刻印”なのですが、手打ち特有の不均一さはもちろん、打刻した職人の息遣いまでをも連想させるような仕上がりを目指しました。

 不可能を可能とするためにまさに「入魂」の仕上げが施されているこの「Metal Locklite S.A.A. 4 3/4in. モデル」の場合、実際の販売価格は50,400円(税込)となっておりますが、コスト的には販売価格を大きく上回るものがあります。(実質的には7万円程度のモデルと同様のコストがかけられております。)
 たとえこのように製造コストがかさんでも、品質確保のためには製造工程を簡略化することはできません。ただ、実際にはやはりオーバーコスト気味であることには変わりありませんので、現在ラインナップしている「メタルロックライト5 1/2インチ民間モデル」をすべて出荷した後は、価格を改正するか、もしくは量産製作の継続について見直すことを検討しています。(実際、量産としての製作の継続が困難であり、今後の金属モデルの生産総数についても現在ランパント社内で検討・調整中です。この生産予定総数については近日、告知をさせて頂く予定です。)


こちらは Metal Locklite版 「ディアボロ」です。エングレーブモデルにおいては先ほどの通常モデルよりもさらにメッキ厚を落とすことにより、芸術的なエングレーブワークそれ自体の魅力を損なうことなく存分にご堪能頂くことが可能となっています。(通常モデルが約20μのところ、エングレーブモデルには約17μのより「薄い」メッキが施されます)


ここまでくるともはや「究極」です。


いかがでしたでしょうか。モデリングのディテールや時代考証はもちろんですが、製造レベルでの仕上げにおいても「こだわり」をもって、それを可能なものとするためあらゆるトライを繰り返し、皆様へより高いレベルの製品をお届けできるようこれからもランパントクラシックは進化をしていきたいと思っております。

今回は弊社の金属製モデルガン・Colt S.A.A. 1st Generation Metal Lockliteの製造過程のうち、メッキ工程をご覧頂きたいと思います。 画像はズラリと並んだメッキ槽です。

さっそく銅メッキのついたフレームがあがってきました。 この銅メッキは、例えば塗装でいうなれば「下地塗装」のような役割をはたすもので、製品に美しく金メッキを施すために必要不可欠な処理となります。

シリンダーもあがってきました。銅メッキの状態でも非常に美しい光沢を放っております。 通常であればこのまま次のメッキ工程へと進んでいくのですが、ランパントクラシック製品は一旦この銅メッキの状態でキズなどの異常が無いかどうか、外観検査を実施します。

外観検査を受けるために乾燥機に入っていくフレームとシリンダー。ドライヤーの吹き出し口のようなブロアーがたくさんついた機械のなかをくぐっていきます。 乾燥後は念入りにキズ等をチェックします。

無事検査を終えると、まず手洗いをします。というのも、いったん乾燥させてしまうと、乾燥によるホコリなどがついてしまう可能性があるからです。このように、ひとくちに検査といってもそのためにいろいろな工程が必要となります。手間はかかりますが、品質の確保のためには必要不可欠な工程です。

メッキ槽の電流を測る計器です。 メッキは電気的な処理なので、きれいにつけるためにはこのような電流管理が必要不可欠となるのです。 こういった細かなデータを一つ一つ管理することが製品の品質につながってゆきます。

これは新しく設置される濾過装置だそうです。 製品の品質だけではなく、環境対策も万全です。

そうこう言っているうちに銅メッキの上からさらにニッケルメッキのついたシリンダーがあがってきました。 ここまでくれば完成間近です。

1stロットのシリンダーに金メッキ(シャンパンゴールド)がついたところです。 色サンプルと見比べながら品質をチェックしています。

Metal Locklite シャンパンゴールド仕様の完成です。

※ Metal Locklite の発送について
  現在すでに1stロットの10丁(シャンパンゴールド)を発送させて頂いており、次ロットの40丁は今月内、
  さらに100丁を3月10日前後、その後は3月20日頃、3月末、4月初旬に分けてそれぞれ100丁ずつ、
  順次出荷してまいります。
  お客様をお待たせしており、まことに申し訳ございませんが今しばらくお待ち頂けますようお願い申し
  上げます。

12

©Rampant Classic all rights reserved.